7/19/2012

もうすぐ始まります。


3年前から、思い描いてきた山間集落での小さな芸術祭。懐かしい風景やそれを共有できる人たちとの関わり。

昨年の秋、北川フラムさんと僕が美短の一室でミーティングをしてこの構想が始まり、地域おこし協力隊の桝本杉人さんと上小阿仁村をうろうろとしながら見つけた八木沢の草まみれの棚田。その時感じた圧倒的な地のちから。桝本さんから八木沢の歴史を聞いた10分ぐらいで構想は固まり、そのとき桝本さんに「棚田舞台」「地域芸能披露」「八木沢番楽と根子番楽の出会い」「舞踏」「音楽」とアイデアを次々と話した。その時の事は鮮明に覚えている。静かに興奮してたと思う。棚田に関しては、上小阿仁村村長の思い入れも強く、意見は合致した。その後は「八木沢カフェ」「クリーンナップワークショップ」「明後日朝顔」など、県や村の関係者から次々とアイデアが出てきた。それらを、4月から全力で秋田県や上小阿仁村の人たちと実現するべく動いてきた。

同時に越後妻有の方でも制作を同時進行してきた。こちらも、小屋の一つの内部空間をギャラリーに改修。2500個のだんぽをぶら下げた大規模なインスタレーションを展開している。

それが、越後妻有と秋田で7月29日から始まる。

大地の芸術祭飛び地開催「KAMIKOANIプロジェクト秋田」
 プロジェクト公式ホームページ http://kamikoani.com/
 プロジェクトブログ http://blog.kamikoani.com/

大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2012「KAMIKOANIプロジェクト」
 大地の芸術祭公式ホームページ http://www.echigo-tsumari.jp/
 プロジェクト公式ホームページ http://kamikoani-project.shibayama.net/
 プロジェクトブログ http://kamikoani.shibayama.net/

7/02/2012

KAMIKOANIプロジェクト秋田がはじまる。


2009年に大地の芸術祭に出品した「KAMIKOANI」は作品+地域間交流プログラムのプロジェクトでした。2010年、2011年と上小阿仁村小沢田集落の人たちと、新潟県仁田集落の人たちが交流を続けてきました。そして2012年KAMIKOANIプロジェクトは新潟県の仁田集落と上小阿仁村小沢田集落の二つの地域で実施する事になりました。まさに、地域間交流プロジェクトが実を結んだ結果です。

7月1日に開催地となる八木沢地区のクリーンナップワークショップが行われました。なんと15人の集落に160人が集まりました。いよいよ、29日の開催に向けて、本格的にKAMIKOANIプロジェクトが始まりました。

アートが呼び水となって賑わいが戻り、そのアートが去ったあとまでを見据えた長いプロジェクトへの第一歩です。